どんな方法でほうれい線を消すの?

年齢や今までの間違ったスキンケアなどによって口元のほうれい線、
目じりのしわなどのちりめんじわが気になりだすと、どうしても何とかしたいと思ってしまいます。
しかし、しわは長い年月の間にできたものなので簡単には治ってはくれません。

 

ここでほうれい線の定義についておさらいしましょう。まじまじとほうれい線の定義について考える事はなかなか無いかと思いますが、ここで整理をするとほうれい線の定期は口元に伸びる先の事で間違いないです。そんな

 

ほうれい線ができる原因は様々です。昔は、加齢によるたるみがいちばんの原因だとされていました。しかし近年では、加齢以上に紫外線によるダメージが大きいことが明らかになっています。紫外線を浴びすぎると、体内では活性酸素と呼ばれる物質が発生します。活性酸素は、量が適度ですと免疫機能を助ける働きをします。しかし量が増え過ぎると、細胞に深いダメージを与えます。活性酸素のダメージが肌弾力を支えている成分、コラーゲンやエラスチンの線維細胞に深いダメージを与えると、当然、肌はたるんでいきます。

 

ほうれい線ができる理由

そんなほうれい線が生きる理由原因について話していきたいと思います。

 

それが原因でほうれい線が発生すると言うのが、紫外線が原因だとされている理由です。また紫外線以外にも、パソコンやスマホなどから発せられているブルーライトにも、浴びすぎると活性酸素が発生する作用があることが明らかになっています。ですからほうれい線予防のケアとしては、まずは紫外線予防に努めることがいちばんだと考えられます。紫外線は、強弱の差こそあれ、通年、降り注いでいます。ですから一年中、紫外線対策をとる必要があります。季節に応じて日焼け止めを利用し、帽子や日傘などを上手に利用することも必要です。

 

街中で紫外線対策としてオーシア日傘などを利用している人が非常にきます。あれは効果がないように見えて微々たるものですが多少なりとも効果があります。ほうれい線ができてしまう原因を抑えるにはよいかも!

 

ほうれい線は予防できるものなの?

 

そもそもほうれい線予防できたら嬉しいですよね?まだあまりほうれい線ができていないと言う形は間でしょう。
近年では、上述したブルーライトダメージも予防する日焼け止めも出てきていますから、それを利用するとますます高いほうれい線予防効果が期待できます。それから日焼け止めを塗っていたとしても、紫外線ダメージを受けていることも考えられます。ですから、そのダメージをその日の内に緩和するようなケアも効果的です。これはたとえば、活性酸素に対抗する抗酸化作用のあるビタミンCなどを配合したスキンケア製品を使うことが望ましいです。サプリメントでも良いです。また紫外線は肌を乾燥させる要因でもあります。そして乾燥も、ほうれい線の原因のひとつですから、たっぷりを保湿をすることも必要なケアです。

 

ほうれい線のケアと言ったら直接的にお肌に何かを練ったり、紫外線をしたりといったのが主流ですがではサプリメントなども活用されているんです。

 

ほうれい線予防のための日常ケア方法

ほうれい線予防のための日常的なケアをする方法を少し紹介します。

 

化粧水だけではなく、クリームなどで与えた潤いを閉じ込めることも忘れてはいけません。もし、夏場でクリームがべたつくと言う場合はジェルを使用するのが望ましいです。またコラーゲンやエラスチンは、たとえ活性酸素によるダメージを受けていなかったとしても、加齢と共に少しずつ減少していく成分です。

 

そういった年齢とともに減少していくものを外部のスキンケアアイテムなので補っていくことでそれが日常的な予防につながってきます。

 

私がやったほうれい線予防の日常ケア法

 

実際に私が試したことのあるほうれい線予防のケア方法を紹介します。

 

ですから、これを外側から補うことも効果的なケアです。これらの成分が配合されたスキンケア製品を利用したり、サプリメントを継続的に利用するのも良いです。また食べ物にも、僅かな量ですが含まれているので、積極的に食べるようにするのも望ましいです。
先ほど少し触れたサプリメントでの方法は非常に効果的です。普段食べる食べ物ではなかなか補い切れないものがあるためそこをサプリメントを使ってほうれい線に対してケアをしていきます。