頭皮のマッサージがほっぺたのほうれい線を消す?

頭皮をマッサージするとほうれい線が消えるとか、薄くなるようなことを聞いたことがありませんか?

 

頭皮は顔の皮膚に接しているので頭皮の血流が悪くなっていると顔にも影響を与え、
同じ意味で頭皮マッサージは血流の改善に効果を期待できるんですね。

 

さらに頭皮から顔を引っ張り上げるようなマッサージはほうれい線を薄くする効果も期待できるんです!
毛穴が目立つ肌はファンデーションでカバーしても、キメが粗く見えてしまいます。毛穴の開きには皮脂分泌が過剰になって目立ってしまうタイプと、色素沈着で目立ってしまうタイプがあります。こうした問題を解消するには、肌の保湿を入念にして皮脂の分泌を抑えたり、メラニンの生成を抑制する成分や肌を引き締める効果のある成分が含まれたスキンケア化粧水品が最適です。
ただ、加齢が原因で毛穴が開いている場合、保湿や収れんだけでは解消されないため、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンなどの成分が配合されているスキンケア化粧品を選びましょう。
肌の弾力が衰えてできるたるみ毛穴は、皮膚を支える土台が弱くなったために肌が垂れ下がることで発生します。皮脂分泌の影響で起きるタイプとの違いは、たるみがなければ目立たなくなる点です。試しに、肌を指で軽く伸ばしてみて、凹凸が目立たなくなるようなら、たるみが原因です。大抵の場合毛穴の形が滴型になっているので、縦長の凹凸が増えてきた時は、肌の内側から改善して弾力を回復を目指します。
肌はミルフィーユのように複数の層に分かれていて、表面の角質層を含む表皮とその奥に真皮があります。肌がたるんでくるのは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が減少が影響しています。特にコラーゲンは真皮層の70%を占めている成分なので、不足してしまうと肌を支える力が弱くなり、重力に負けてたるんでしまいます。
真皮層では、コラーゲンとエラスチンの繊維が網状に張り巡らされていて、その隙間にヒアルロン酸のような保湿成分が存在して肌のハリと弾力を維持しています。そしてコラーゲンなどの成分を生成しているのは、真皮層に存在している線維芽細胞ですが、活性酸素の増加や加齢によって活動が衰えてしまうため、弾力を生み出す成分が減少してしまいます。
スキンケアでたるみ毛穴を解消するには、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分をスキンケアで届けながら、線維芽細胞を活性化する成分も一緒に補給していきます。抗酸化作用のあるビタミンCはコラーゲンの生成を促す作用があり、ビタミンEやコエンザイムQ10、アスタキサンチンなども効果的です。線維芽細胞成長因子のFGFを含んでいる動物由来のプラセンタなども、たるみが原因でできる肌の凹凸の解消に向いています。
コラーゲンは紫外線で減少してしまうこともあるので、日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘などを利用してUV対策をしておくとたるみ防止につながります。