ほうれい線ケアの年齢肌バージョン!

  • 年齢肌だからほうれい線がくっきりとしてきた
  • 重力に負けて肌がたるんできた
  • 笑いじわができて、目立ってきた

 

ほうれい線の悩みというのは個人差があったとしても、それが年齢肌の影響で起きていると思っている方は
とても多くおられます。

 

このページでは、そんな年齢肌の方のほうれい線について特集しようと思います。

 

年齢肌ってどんな状態?

年齢肌を実感する要素の一つにほうれい線があります。
ほうれい線はある程度の年齢になると誰でも多少は出てきますが、
顔のたるみが大きい人ほど濃くなるものですので、
同じ年齢であっても個人差があります。

 

ほうれい線自体は珍しいものではありませんので、
もう歳だからと諦めてしまう人も多いようですが、肌中の水分量を
コントロールしたり筋肉を鍛えることで改善できる部分ですので、
少しでも変化を感じたら適切なケアを始めることが大切です。

 

年齢肌のほうれい線ケアに使いたいフェイスストレッチ

ほうれい線ケアで最初に取り入れたいのがフェイスストレッチです。

 

筋肉の衰えは顔全体のたるみを意味しますので、
皮膚がたるんで老けた印象を与えます。
実践するのはごく簡単なストレッチであり、舌の先を使ってほうれい線の部分を内側から押し上げます。
普段使わない筋肉を使うので最初は押すだけでも大変ですが、
慣れてきたらほうれい線部分をなぞるように舌を動かすと効果的です。

 

これを両側数回ずつ行うと、顔に筋肉が疲労しているのが分かります。
即効性がありますので、数日後には改善が見られる人もいる方法です。

 

年齢肌のほうれい線ケアに使いたい成分

顔の表情筋をきたえるためのセルフケアとして発声練習というものもあります。
また、顔全体の筋肉を強化するために、口を大きく開いて「あいうえお」を発生するのも効果的です。
声を出すと正しい形を作りやすいので声を出しながら行います。
大げさな位大きく開くのがちょうど良く、10回を1セットと考えて実践していきます。
他には化粧品によるケアも有効です。歳を取ると肌中の潤い成分が不足してきて、
ハリが失われ、たるみが現れます。化粧品でのケアでは、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの潤い成分を上手く活用します。

 

ほうれい線ケアで年齢肌を効率よく改善する方法

顔の表情筋を鍛えるためのアイテムはたくさんあるのですが、
数日間使っただけでは効果はありませんが数カ月単位で見ていくと、
肌のコンディションが大きく変わっていることを実感できます。

 

また、肌細胞が錆びついて働きが鈍ることも弾力を衰えさせる原因になりますので、
ビタミンC誘導体のような抗酸化作用の高い化粧品を使うのも良い方法です。
化粧品でしっかりと外側からケアを行いながら、同時にサプリメントや食事から必要な成分を摂取すると、より効率良く改善できます。

 

年齢肌のほうれい線ケアストレッチはどんな人が向いているのか

肌は誰でも年齢と共に衰えていくものです。
しかし、対策を全くしていない人とその時々に合った対策を講じた人とでは
結果に明確な違いが現れます。
特に筋肉の衰えは動かすことによりカバーできる部分ですので、
諦めずに日々ストレッチに励むことが大切です。日々の努力が5年後、10年後の肌に差をつけます。