筋力の向上がほうれい線の解決へ

ほうれい線は筋肉アップでケアできる|意外と知らない改善法

ほうれい線という言葉に、敏感でない女性がいるでしょうか。そんな「ほうれい線」とは、鼻から口への両脇から下に伸びる線で年齢とともにはっきり判り、化粧の時など線を濃く書いたように残る嫌なものです。これが老けた顔の原因になります。

 

そして鏡に映った自分の顔お見て、ため息をついている人も多いでしょう。肌のくすみ、口角が下がり気味、顔がたるんできている、そしてほうれい線がでてきてショック状態です。二重あごになり、首もしわしわになんてもう嫌になることばかりです。そうですこれらの症状すべてが「老化」の始まりなのです。

 

そんなほうれい線の定義ですが、一般的にしわととらわれがちですが、ほうれい線と言うのは人の鼻の端の両脇から唇の量端に伸びる二本の線のことです。

 

 

これは頬との境界線であると言われています。

 

なんでほうれい線はできるの?

 

 

ほうれい線は筋肉アップでケアできる|意外と知らない改善法

実はほうれい線ができてしまう原因と言うのは1つではありません。

 

ほうれい線と言うのは、乾燥であったり紫外線や加齢による肌のたるみの他にも、ストレスや睡眠不足または暴飲暴食などといったような生活習慣でもほうれい線ができてしまいます。

 

さらには近年ではパソコンやスマホなどによる目の使い過ぎから20代前半の女性でもほうれい線に悩む女性は増えていると言われているんです。

 

ほうれい線ができやすい人の特徴

ちなみにほうれい線ができやすい人の肌の特徴としては、乾燥肌の人です。さらに太っている人よりも痩せている人の方ができやすくほうれい線が目立ちやすいと言う研究のデータも出ています。

 

そんなほうれい線のような顔の老化現象は、30代から始まる人もいます。原因は筋肉の衰えからくる、脂肪の減少や重力に逆らう事も出来ず顔のたるみへと進むのです。自然現象で誰にでも起こりえる事なので恐れる事はありません、顔の筋肉を鍛えるケアをすれば確実にリフトアップされ、顔のたるみが改善されるのです。

 

顔にはいろんな種類の筋肉が存在します。本当に細かい種類があるので皆さんも色々調べて、自分のどの部分を改善したいかを知り、それに合ったトレーニング方法を見つけましょう。最初は難しいかもしれませんが、徐々に判ってくると、楽しめるようになるでしょう☆

 

顔の筋肉とほうれい線の関係

 

ほうれい線は筋肉アップでケアできる|意外と知らない改善法

次に顔の筋肉とほうれい線の関係についてです

 

実は顔の筋肉の衰えと言うものがほうれい線と非常に深い関係にあります。ほうれい線ができてしまう原因にもありますが、表情筋が衰えてしまうことによってほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

そこで思い出してほしいのですが、表情が豊かな人に限ってほうれい線が少ないと感じた事はないですか?それは表情筋をその人は自然と鍛えていることになっているからです。表情が豊かな人は顔の筋肉が発達し衰える他の人よりも少し遅れます

 

そのためほうれい線ができにくいと言うことです。ちなみにそんな顔の筋肉が落ちてしまうと、皮膚を持ち上げることができなくなってしまうためたるみができてしまいます。そしてそのたるみがほうれい線となってしまうため、意識してでも顔の筋肉を鍛えている事はほうれい線のケアには非常に大事なことです。

 

そんなほうれい線のケアは、口の周りの後輪筋を鍛えればよいのです。口の周りをいろんな方法で動かしたり、舌を回したりという方法があります。ネットに方法がありますので、参考にすると良いでしょう。とにかく良く動かし毎日1回90秒くらい続ければいいのです。

 

動かす事で筋肉も柔らかくなります。そうなると新陳代謝も高まります。そう考えると日々よく笑い、よく話す事でもいいです。ご飯を食べるときに、良く噛む事もお勧めです。入浴時など体が暖まっているときも、効果が上がると思います。リラックスして口の周りを動かすと気持ちいいでしょう。

 

ほうれい線は顔の筋肉を鍛えればケアできる?

 

ほうれい線は顔の筋肉を鍛えることでケアすることができます。

 

これはあくまで個人的な意見ですが、やたらとスキンケアアイテムなどでほうれい線にお金をかけるよりも、日常的な顔の筋肉をケアしていくと言うことでほうれい線のケアにつながっていくのでそちらの方がコスト的にも良いですし、本当の意味でほうれい線をケアできるので最終的にはそのような方法がオススメです。

 

あと、クレンジングの時も、少しマッサージを気をつけると良い感じになるでしょう。毎日の生活の中で、結構鍛える事が簡単にできるので皆さんも取りかかりやすいのではないでしょうか。このような感じで筋肉面でほうれい線のケアは大丈夫でしょう。しかし、筋肉面だけでは完璧とは言えません。やはり乾燥した肌ではせっかくの効果も減少します。自分の肌質もしっかり把握して保湿を心がけることはもちろんです。

 

食事面では肌にうるおいを与えてくれるものを選びましょう。内面からのサポートも必要不可欠です。いろんなバランスを考え、決してやりすぎず適度な回数でケアし続けましょう。

 

 

 

ほうれい線はどこの筋肉を鍛えればケアできる?

 

ほうれい線のケアをする上では主に口元の筋肉が重要だと言われています。口元の筋肉を日常的にケアして行くことでほうれい線の改善につながっていきます。次の段落でほうれい線ケアで顔の筋肉を鍛える方法についてまとめるのでぜひチェックしてみて下さい^^

 

ほうれい線ケアを顔の筋肉を鍛えることで行う方法

ではこのページのテーマであるほうれい線ケアを顔の筋肉を鍛えることで行う方法を紹介していきます。

 

 

やり方その1、まずは両手の人差し指を使って口を大きく横に広げるようにしましょう。

 

 

やり方その2、口の中の筋肉をほぐしていくようにしたから上に軽やかに動かし、筋肉を柔らかくすることで弾力を持たせていくイメージを持って行います

 

 

やり方その3、これらの運動ができたら、次は口を思いっきり膨らませる、次に思い切りすぼめると言うことを繰り返し口の中からほうれい線を伸ばしていくようにケアしていきます

 

 

やり方その4、最後は親指の腹と曲げた人差し指でほほうつかみ外側と内側に線を描くように回していきます。こうすることで緩んでしまった方法を引き締めていきます。

 

 

この筋肉ケアの方法を毎日3セット行い、だんだんとほうれい線を改善させていきます!

 

 

まとめ

 

ほうれい線には原因がいくつかあり、改善するための方法も様々です。ここでは主に肌のたるみを顔の筋肉をケアしていることで改善するというやり方を紹介しました。ネットで調べてみると、ほうれい線ケアに良いアイテムが多く出回っているので、この顔の筋肉をケアする方法を合わせるとさらに効果が上がるでしょう^^