ほうれい線の予防にはカラダの健康と毎日のケアがカギ

ほうれい線の予防にはカラダの健康と毎日のケアがカギだと言われています。
それはどうして同じ年齢なのに老けて見える人と若々しく見える人がいるのだろう。

 

そんな素朴な疑問を解き明かす理由のひとつにその人のほうれい線の深さが上げられます。
鼻の脇から口角の横の部分にかけて斜めに伸びるしわは、
その人の顔の印象にとても大きな影響を与えるものです。

 

ほうれい線が目立つ顔はどんなに目鼻立ちがくっきりとしていても
残念ながらやや疲れ気味の老けた印象の顔になってしまうものです。

 

ほうれい線の予防やケアにカラダの健康が関わるのはなぜ?

ほうれい線の予防やケアにカラダの健康が関わる理由は様々ありますが、
その一方、同じ年齢でもほほがふっくらと丸みを帯びた顔は若々しく見えます。

 

ほうれい線ができる原因の最も大きなものが加齢などによって
顔の筋肉が衰えることで顔の脂肪を上手く支えることが出来なくなり、
たるみが生まれるというものです。
たるんだ部分がほうれい線ができるあたりにたまって深い皺を刻むことになるので、
徐々に目立ってくるという仕組みです。
そして肌が乾燥することで衰えが生じるとさらにしわは顕著に現れるようになります。

 

カラダの健康を害するタバコを吸ってる人は要注意

 

さらにそうした原因以外にも、実はほうれい線には身体の健康状態も大きく関わってきます。タバコを吸うことで体内のビタミンCが破壊されると健康的な肌の状態ではなくなり肌にハリがなくなって、やはりほうれい線が出来やすくなります。肌は健康状態を映す鏡でもあり、身体の健康状態を確実に映すものなので、身体の不調のある人は肌も健康的ではなくなるため、たるみなどの症状が出やすくなります。そしてその結果がほうれい線となって現れるというものです。

 

ほうれい線とタバコの関係

 

ほうれい線を作らないために日頃の生活の中で行うケアは、紫外線を防いで肌の保湿を心掛けることなどが重要ですが、肌を外的な刺激から守るためのケアとは別に、自分の身体を健康的に保つためのケアもとても重要になります。
特にタバコを吸うことというのは百害あって一利なしといわれるくらい体に悪い影響を与えます。タバコを吸うことによって身体が受けるダメージは美肌作りの大敵であることは良く知られているのですが、結果的には顔を老けた印象にしてしまうほうれい線を作りやすい環境にすることにもなるのですから、キレイになりたいと考えるなら禁煙することは基本中の基本とも言えます。

 

パソコンやスマホのやりすぎもほうれい線の原因に

 

そして現在はパソコンやスマホなどを頻繁に使う生活を送る人が多く、目を酷使する生活が増えているといわれます。目の疲労によって眼の周りの筋肉が緊張状態が続くと目と口の筋肉をつなぐ上唇挙筋が凝り固まった状態になり、結果的にほうれい線を作ることに繋がりやすくなります。