乾燥肌対策でほうれい線にも保湿を

空気が乾燥してくるとほうれい線ができやすく、できつつあるほうれい線は
その位置にくっきりと固定されてきます。

 

ほうれい線の予防には乾燥対策が必須になるのですが、このページでは
ほうれい線ケアのための乾燥対策を特集していこうと思います。

 

あなたの中でほうれい線とはそもそも何なのか?国までにほうれい線に対して少々勘違いしている方がいらっしゃいます。ここで確認ですがほうれい線とは

 

鼻の横から口の横に伸びるほうれい線。ほうれい線があるかどうかは見た目の年齢を左右するとても重要なポイントになります。他のパーツに気をつけていても、残念ですがほうれい線があるとどうしても老けて見えてしまいます。年齢を重ねるとともにほうれい線ができてしまうのはしかたがないこととはいえ、可能な限りケアをしてできないように努力したいものですね。
ほうれい線の原因として考えられるのは筋肉の衰え、むくみ、そして肌の乾燥です。ですのでこの3つの対策をすれば、予防できたり場合によってはできてしまったものを消す、あるいは薄くすることも可能なのです。

 

 

なぜほうれい線は乾燥によってできてしまうのか

 

なぜほうれい線は肌が乾燥することによってできてしまうのかあなたは知っていますか?もちろん筋肉の衰えもポインとと言われていますが

 

筋肉の衰えは、顔の筋肉を鍛えることで予防することができます。現在は顔の筋肉を鍛える様々なグッズが販売されています。もちろんそういったグッズを利用するのもいいと思います。しかし専用グッズがなくても顔の筋肉を鍛えることは可能です。例えば水の入ったペットボトルを口でくわえてもちあげれば、グッズのかわりになります。また、他の家事や仕事をしながら、口角を持ちあげて歯をむき出しにする、歯ぐきと唇の間に舌をいれて1周させる、舌を思い切り長く出す、などの体操をすれば筋肉が鍛えられます。とにかく、普段の動きとは違うことをして、少しでも顔の筋肉を動かしましょう。普段でもよく話し、よく笑い、イキイキと過ごすことも大切です。

 

よく笑って生き生きと過ごしている人はなかなかほうれい線ができにくいと言われているんです

ほうれい線ができやすい人の特徴は?

 

ほうれい線ができやすい人の最大の特徴は、サーフィンをする人ですサーフィンは紫外線をもろに受けたり、海水によって肌の保湿のダメージを与えてしまったりと、ほうれい線ができやすいついつい作ってしまいがちです。

 

むくみは両方の鼻筋から頬骨、そこから耳の下へと続くリンパをさすって老廃物を流してあげましょう。このあたりは普段意識しませんが、こっている人もいますので痛いと感じるかもしれません。肌を傷めないよう慎重にマッサージしてください。そして耳の後ろから肩にかけてもリンパがつまっていると老廃物が流れませんので、ここも続けてマッサージします。また、むくみは食事の影響が非常に大きいので、塩分の摂りすぎ、お酒の飲み過ぎなどには充分注意しましょう。

 

 

ほうれい線ケアはいつから始めるのが理想?

 

ほうれい線ケアを始めるタイミング理想的なものは、20代から行うことです
そしてもう1つが乾燥ケアです。乾燥をすると浅い細かいほうれい線ができてしまいます。他の部分のしわと一緒ですね。ですのでほうれい線ケアでも乾燥肌対策はとても大切なのです。落としすぎない洗顔、充分な保湿はもちろんのこと、エアコンの風が直接当たらないようにするなどの生活環境の見直しもしましょう。それからやはり食事は大切です。

 

30代40代になってからだと少し遅くなってしまうため、できることならば10代から始めていきたいところです

 

ほうれい線ケアで乾燥との向き合い方

 

不規則で不健康な食生活は肌にとっていいことはありません。
コスメなどに頼るより、まずは自分の内側から、そして外側の筋肉を鍛え、ほうれい線で逆らって若い外見を保ちたいものですね。