効果的なスキンケアでほうれい線をなくそう!

 

そもそもほうれい線ができてしまう原因は何だと思いますか?ほうれい線ができてしまう原因については昔から研究されていますが、最近の研究で新しく明らかになったことがあるようです。

 

ほうれい線が発生する原因は様々あります。最近の研究で明らかになっているのは、加齢以上に紫外線ダメージによるところが大きいと言うことです。ですから、季節を問わず日焼け止めを使用するのは、ほうれい線に対するケアの基本中の基本であり鉄則であると言えます。ただし日焼け止めに関しては、SPF値やPA値が強いものを使っていれば良いと言うわけではありません。こうした値が強いものは、当然、肌への負担もある程度はかかってしまいます。

 

ほうれい線が発生してしまう原因とは?

先程の段落と近い内容になりますが、ほうれい線が口元に発生してしまう原因は、大まかに言ってしまえば年が原因ですが、主に肌が乾燥した状態が問題だと言われています。

 

ですから、季節や外出状況に合わせて、その都度、適切なものを使用することが大切です。そしてこれ以外にも、ほうれい線に働きかけるケアはあります。また逆を言えば、日頃のスキンケアが誤っていると、それが原因となってほうれい線が出てくることもあります。ですから、効果的なスキンケアを抑えておくと共に、誤ったケアを行わないようにすることが求められます。まずは保湿です。肌が乾燥した状態は、空気が抜けた風船にたとえることができます。空気が抜けた風船はしわが目立つ状態であり、それが長期間、続くとそのしわがほうれい線となってくっきりと刻まれてしまうと言うわけです。

 

ほうれい線ができやすい間違ったスキンケアとは

ほとんどの方が日常的にほうれい線ができやすいような間違ったスキンケアをしていると言われています。私はこれをして最初驚いたのですが、確かによくよく考えてみるとほとんどの方がそういった間違ったスキンケアをしているだろうと思います

 

紫外線ダメージは肌の乾燥を招く要因でもあるので、しっかりと保湿をすることが求められます。スキンケアの中で保湿を行う際には、まずは肌をパッティングしないことが重要です。軽い力で抑え込むくらいなら問題はないのですが、ぱんぱんと肌を叩くようなパッティングは、逆に肌弾力を構成しているコラーゲンやエラスチン繊維にダメージを与えることにもなりかねないためです。また化粧水などを染み込ませたパックを行う人もいるかもしれませんが、これにも注意が必要です。部分パックの場合は、パックをしていない部分以外は乾燥が進行する恐れがあります。

 

コラーゲンや化粧水などお肌に良い成分がたっぷり詰まったパックを行う形は少ないでしょう。まさかこれでにも注意が必要だったと言う事は驚きです

ほうれい線に効果的なスキンケア

 

日常的に簡単にできるほうれい線ケアのことを紹介します。ポイントはリンパの流れすることです。

 

またパックをしているところも、長時間、パックを貼り付けたままでいると、水分が蒸発して乾燥してしまう恐れもあるためです。せっかく肌のためにと思って行っているケアが、実は肌の乾燥を招くことになることもあるので注意して下さい。それからスキンケアの中でマッサージを行う人もいるかもしれません。

 

またその際は肌を押すで刺激してしまわないようにクリームつけることがポイントです。力を入れすぎずに程良い加減でやりましょう。

 

 

その他日常的にできるほうれい線のコツ

ではほうれい線に効果的なスキンケアは一体何だと思いますか?先程の段落で長時間のパックはあまりよくないかもしれないと言う場合があると言う話をしました。
特にリンパの流れを刺激するようなマッサージは、むくみによる顔のたるみ、それによるほうれい線を改善するには効果が期待できます。しかしこれも、やはり強過ぎる力で行うのは避けて下さい。肌を擦らないように、行う際にはクリームやジェルをたっぷりとつけて滑りをよくすることが必要です。また力加減に関しては、小鳥を撫でるような力加減を意識するのが適切だと言われています。

 

そこで光ができなのが意外にもマッサージだと言われています。