ほうれい線とダイエットって関係あるの?

ダイエットをしたことがありますか?
この答えにほとんどの方がYESと答えるでしょう。
様々なダイエット方法があるのですが、急激に痩せてしまうと頬がこけて、
ほうれい線もできやすいといわれています。
そして反対に太っていくとこれもほうれい線ができやすいといわれているんです。

 

年齢を重ねるとお肌がたるんでほうれい線が出てきます。しかしながら20代でもほうれい線が見られる場合があります。お肌が乾燥したり紫外線のダメージを受けたりということもありますが、急激なダイエットにより皮膚がたるんで出来る高齢の方同様のシワのようなものです。ある程度の年齢になると難しいですが、20代ならまだまだ自分自身でコラーゲンを生成する力は持っています。

 

ダイエットのやり方次第でほうれい線が悪化する

これ以上、ほうれい線を深くしないためにも紫外線対策を万全にしたり保湿ケアをしっかり行なったりするようにしましょう。コラーゲンを増やす働きのある化粧品を使うのが有効です。せっかくダイエットが成功してもほうれい線が出来たのであれば見た目年齢が上がってしまい決して美しくなれたとはいえません。
ダイエットの仕方によってもほうれい線の出来やすい・出来にくいはあります。

 

リバウンドがほうれい線に良くない理由

とにかく食事の量を極端に減らして体重を落とそうという方法は短時間で結果は出るもののお肌にはよくはありません。必要な栄養が足りなくなってしまうのでハリやツヤもなくなってしまいます
リバウンドの繰り返しもお肌に良くないです。食事制限はほどほどにして、栄養バランスのよい食事・適度な運動でゆるやかに体重を減らすようにするのが健康的でおすすめなのです。体重のためにと減らしてしまいがちな肉類にこそお肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンが豊富です。コラーゲン入りの化粧品もありますが、体の外からだけでは十分ではありません。食品で摂取して体の中からケアすることが必要なのです。

 

健康的なダイエットはほうれい線ケアにもつながる

空腹感はストレスも溜めます。ストレスは老化の原因である活性酵素を発生させてしまう原因。それよりは運動をしたりおいしく食べて正しい生活を続けたほうが健康的でよいのです。ダイエットをする上で食事制限・カロリー制限はしても必要最低限の栄養は取るようにし、特にコラーゲンの摂取は心がけるようにしましょう。ビタミンCやE・B2・B6やコエンザイムなどはコラーゲンの生成を促進してくれます。一緒に摂取すると効果がアップします。

 

ダイエットでストレスと作らないのもほうれい線ケアの1つ

ダイエットをするとなるとストレスはたまりがち。だからといってドカ食いしてしまうとリバウンドしてしまうのでその他の方法でストレスを解消する方法を考えるようにしましょう。心と体をケアしながらのダイエット方法で、細くなるだけでなく美しくやせることができるようにしましょう。せっかく痩せても肌トラブルやほうれい線があっては成功とはいえません。