ほうれい線チェックで予防と対策

そもそも人のいうほうれい線というものは、人の鼻の両脇から唇の両端に伸びる2つの先のことで、これはシワではなく頬と口の境界線です。主に30代からほうれい線は目立ち始め、40代50代の方の美容の悩みのほとんどはほうれい線と言われています。それもそのはず、ほうれい線があるだけで、見た目年齢が最低でも5歳以上は上がるともいわれているのですから・・・。

 

しかしそのほうれい線というものは、若いうちから対策をとることで発生を遅らせる事は十分に可能であり、すでにできてしまったほうれい線に対しても、日常を見直したり外的要因によって改善することは可能です♪

 

このページでは、ほうれい線ができてしまう原因を作っているきっかけのチェックをするとともに、ほうれい線の原因や解決方法の手段についてもまとめております。まず初めにほうれい線ができる原因をチェックしてみましょう!

 

なぜほうれい線はできる?その原因は?

実はほうれい線というものは年代別で原因や対策が変わってくるんです。ここでは20代から30代のほうれい線、40代から50代のほうれい線、50代以降のほうれい線の原因について紹介していきます。

 

まずは20代から30代のほうれい線の原因をチェックしましょう。20代から30代の女性に見られるほうれい線の多くは、肌の乾燥だったり紫外線によるダメージ、または表情の癖や急激なダイエットによってできてしまったいわゆるシワが原因です。そういったシワができてしまう主な要因は肌の弾力を保つコラーゲンなどが劣化することによるものですが、20代から30代前半であれば自分自身でコラーゲンを再生する力があるので日常の中にコラーゲンを意識したものを取り入れていきましょう♪

 

次に、40代から50代のほうれい線の原因をチェックしましょう。40代くらいになると急激なコラーゲンの減少に加えてリンパの滞りによる顔の筋肉の衰えも始まってしまいます。そうなると40代から50代で肌がたるんでしまうことによるほうれい線が目立つようになってきます。これは20代の頃にできるほうれい線とは違い、頬の筋肉が重力に負けて下がってしまっているのが原因なため日常のケアだけではなかなか改善することはできません。美顔器を使ったり整形をしたりする必要が出てきます。

 

最後に50代以降のほうれい線の原因をチェックしていきます。50代後半から60代になってくると肌全体がしぼんだようになってしまい、ほうれい線がどんどん深くなってしまいます肌を支えていくコラーゲンも減少してくるほか、この年代になると新陳代謝も低下してしまうため何もしないでおくと、どんどん肌が老化していってしまうんです。そのためその老化を防ぐためには肌細胞を回復しコラーゲンを増やすケアを行うなど、その人その人に合ったエイジングケア化粧品の併用が効果的なんです。

 

ほうれい線チェックシートで日常に潜む原因を確認しよう 

私たちは知らぬ間にほうれい線ができてしまう原因を作るきっかけを日常的に行ってしまっています。『こんなことがそうだったの?』といった事まであるため一度ほうれい線チェックシートで日常に潜むほうれい線の原因のきっかけとなっていたものを再確認していきましょう。

 

チェック項目1. 枕は高く硬いのを使ってるorはうつぶせ寝している。
チェック項目2. 洗顔の時、手だけじゃなく頭(顔)もぶんぶん動かしてる。
チェック項目3. 洗顔の時、洗顔フォームをよく泡立てないで、どちらかというと指先で顔をこするように洗っている。
チェック項目4. 化粧水を付ける時には顔をたたいている。
チェック項目5. 乳液、美容液、クリームなどをつける時などは、顔の肉を動かしてぬっている。
チェック項目6. 唇が乾いてしまい、ひびわれが出来ている。
チェック項目7. 食事の際は噛む側が偏っている。
チェック項目8. バッグを肩にかける時には片方のみしか使わない。
チェック項目9. まぶたが重く、視力が落ちて、目を細めて見るようなくせがある。
チェック項目10. 時折ほうれい線を指で引っ張ったり、なぞったりする。
チェック項目11. 喜怒哀楽のすべてをネガティブな表情で表すことが多い。
チェック項目12. 一日に鏡をほぼ見ない。
チェック項目13. 体が硬いままでストレッチなど特にせず放置している。
チェック項目14. シャワーを顔に直接当てている。

 

以上の項目の中で自分に該当するものが3つ以上あるという方は自らほうれい線を誘発していることにもなります。またお肌の劣化というのはあなたが今日まで日常的に知らず知らずに行っていた行動が始まりです。ほうれい線ができやすくなってしまう日常的な行動を改めほうれい線の予防、またはほうれい線がこれ以上深くなっていくのを遅らせることに努めていきましょう!

 

ほうれい線ができてしまったらどうすればいい?

ほうれい線ができてしまった場合は、ほうれい線が改善できる効果が抜群のエクササイズを日常的に取り入れましょう☆

 

ほうれい線改善のために効果的なエクササイズは、”ベロ回しエクササイズ”です。ベロ回しエクササイズとはベロを使ってゆっくりと内側から刺激していくことで口まわりの筋肉をほぐし血行良くしてほうれい線を改善していくというエクササイズです。

 

ではそのやり方をチェックしていきましょう♪

ベロ回しエクササイズのやり方

1‐口を閉じた状態でベロを左回りに歯に沿うようにしてゆっくりと20回程度回していきます。

2‐同じように逆側も行います。

3‐1と2のワンセットを1日の中で3セット行います。

 

以上がベロ回しエクササイズのやり方です。とっても簡単なので日常に取り入れほうれい線の改善に役立たせてください^^

ほうれい線の改善には他にもこんな方法があります

・ほうれい線のヒアルロン酸整形
主にヒアルロン酸注射のことを指しますが、整形をすることで得られる大きなメリットはほうれい線の改善に即効性があるということ。しかしそれ以上に大きなデメリットがあります。それは料金がかなり高いということ。1回の施術費用が高い上にヒアルロン酸の効果は永遠と持続するものでは無いため、年に数回ほど病院に行ってヒアルロン酸注射をうたなければなりません。その際にまた同じ費用がかかってしまうため金銭的に余裕がある人ではないと厳しいかと思います。

 

あとデメリットがもう一つあり、それは失敗のリスクがゼロではないという事。実際に起こってしまった事例として、ほうれい線の近くには大きな動脈が流れているのですが、誤ってその動脈にヒアルロン酸を注入してしまい、鼻が大きく膨れ上がり取り返しのつかないことになってしまったという事例があります。しかもそれはたったの1回ではありません、表沙汰になっていないだけで、そういった事は割と起こりうるんだそうです。

 

・次に美顔器
ほうれい線対策として美顔器を使う事は私自身もオススメです。そうすることのメリットとしては自分でできる対策の中で最も効果が大きく出やすい方法なんではないかと思っています。しかし、ほうれい線の美顔器を使うにもデメリットが存在します。それは初期費用が少し高いことです。数千円程度のアイテムであれば手が届きやすいかもしれませんがものによっては数万円単位するものがあります。そうなると少し億劫になってしまいますが、でもいちど買ってしまえば後は何度でも使えるというところが美顔器の良いところかもしれませんね^^

 

・次にほうれい線対策のクリーム
私が思うこの方法の最大のメリットはアイテムを使う改善方法の中で1番初期投資が安く済むという所。これは使い続けていくものなので安いに越した事はありませんね♪しかし、この方法にもデメリットが存在しますそれは、効果が出てくるのに時間がかかるということ。すぐに効果を実感したい、今すぐほうれい線を消す必要があるという方にはあまり向いていないかもしれません。しかし安価でほうれい線を改善することができるため長い目で見るとリスクも低く多くの方にお勧めできる方法かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?あなたは生活の中でほうれい線ができるきっかけを自ら作っていませんでしたか?また、興味のあるほうれい線改善方法は見つかりましたか?

 

当サイト内ではほうれい線のベロ回しエクササイズのような手法をまとめたコンテンツや、ほうれい線整形についてまとめたページ、お勧めの美顔器ランキングなど、ほうれい線に関する様々なコンテンツが充実しています。

 

⇒ほうれい線の改善法をもっと詳しくチェック