ほうれい線のヒアルロン酸注射のデメリットや失敗談

ほうれい線が顔にできていると、見た目年齢が+5歳になると言われています。
そこで、ほうれい線をヒアルロン酸で消すことによって、−5歳肌になる。
という謳い文句があります。

 

見た目年齢を気にする女性にとってはこれは革命的なものであり、実際にヒアルロン酸注射の施術を受けている方もたくさんいらっしゃいます。
ですがネット上では、経験者のネガティブな声も多く、ほうれい線のヒアルロン酸注射を調べれば調べるほど、失敗談やデメリットがたくさん出てきます。

 

そこでこのページではほうれい線注射を検討中のあなたに、先に知っておきたいほうれい線のヒアルロン注射のデメリットや、経験者の後悔の声などをまとめていきたいと思います。

 

またこのページの後半部分では、ヒアルロン酸以外のほうれい線改善方法についてもいくつか紹介しています。

 

目次

  • 知っておきたい!ほうれい線のヒアルロン酸注射のデメリット
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射経験者の後悔の声
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射を簡単におさらい
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射の種類と値段
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射は年齢によって必要な量が変わる
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射の効果の持続時間は?
  • ほうれい線のヒアルロン酸注射の副作用
  • ヒアルロン酸以外のほうれい線を改善する方法
  • まとめ

 

知っておきたい!ほうれい線のヒアルロン酸注射のデメリット

 

それでは、ほうれい線のヒアルロン注射のデメリットについて見ていきたいと思います。

 

  • 顔の周りがボコボコになる
  • シワが消えると今度はたるみが目立つ
  • 高いお金がかかり続ける
  • 失敗すると大変なことになる
  • すぐに効果が終わってしまう
  • 注射を打つのが上手ではない人もたくさんいる

 

こういったデメリットが挙げられます。
わざわざ高いお金を出してクリニックまで通って失敗されたり、思うようにならなかったりとなるとそれはもう取り返しのつかないことです。

 

お金の用意が整って、後はヒアルロン酸注射をしてもらうだけ。
この段階になると早く注射をした後の自分の顔が気になって仕方がなく、ネガティブな部分を無視しがちです。

 

ですがこういったデメリットがある事はしっかりと押さえておいた方が良さそうです。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射経験者の後悔の声

 

それでは、実際にほうれい線のヒアルロン酸注射を受けた方の感想を見ていきましょう。

 

  • 不自然な仕上がりになってしまった。
  • ヒアルロン酸注射で左右非対称の頬にされた。
  • ほうれい線のヒアルロン注射で顔に違和感が出てしまった。
  • クリニックの人の施術が下手で何回も打ち直しをされた。
  • 施術が下手だったせいか、ヒアルロン酸注射で激しい痛みが…
  • 唇に注射が刺さった。
  • すぐに元に戻ってしまった。

 

ほうれい線のヒアルロン注射を受けた方の全員が全員このような失敗があるわけではありません。
しかし、日本のみならず、美容大国の韓国でもこのようなほうれい線注射の失敗談は数多く報告されているようです。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射を簡単におさらい

 

高いお金がかかっているものですから、安全性もバッチリなのかと思えばそうでもないようですね。。

 

それではここで一度、ほうれい線のヒアルロン注射について簡単におさらいしてみたいと思います。

 

ヒアルロン酸とはもともと人間の体の細胞に存在する糖類の一秀です。これは細胞と細胞をつなぐ役割を果たしており、高い保湿力を備えています。
肌のハリとみずみずしさを保つためには欠かすことのできない成分だと言えるでしょう。

 

また、ヒアルロン酸を外から注入して肌を持ち上げていくことでほうれい線の解消効果が期待されています。
外科治療に頼ることなく短時間でその効果を得ることができるため、現代では人気の高い治療方法となっており多くの方が利用しているようです。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射の種類と値段

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射の場合は、種類と言うよりも、何本打つかと言う本数によって値段が変わってくるようです。
その値段の相場もクリニックによって様々で、安いところでは1本1万円、高いところだと1本10万円するようなところもあるようです。

 

一般的には4万円から6万円程度のヒアルロン注射を打つ人が多いようです。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射は年齢によって必要な量が変わる

 

ヒアルロン酸の量等は年齢によって必要な分が変わってくるようです。
あくまで年齢別の目安ですが、以下のような感じです。

 

20代:気になる人でも1本(1t)以下 必要料金の相場:4-6万円
30代:1本〜2本 必要料金の相場 4-12万円
40代:2本程度 必要料金の相場 8-12万円
50・60代:2本〜4本 必要料金の相場 8-24万円

 

年齢が上がれば上がるほど、1回の施術で必要なヒアルロン酸の量も増えてくるため、その分1回あたりの料金が大幅に上がってきます。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射の効果の持続時間は?

 

一般的なほうれい線のヒアルロン注射の効果の持続時間は、3ヶ月から半年程度だと言われています。
ここがヒアルロン酸注射の最大のデメリットと言っても良いかもしれません。

 

先ほど見たように、ヒアルロン酸注射の値段は1本だけでも安くて1万円程度です。
通常5万円程度しますから、それを数ヶ月おきに打ち直さなければキープすることができないんです。

 

年齢が上がれば上がるほど1回あたりの施術の値段が高くなっていきますから、人によっては年間の維持費が何十万も行ってしまう場合もあります。

 

確かにほうれい線に対してヒアルロン酸注入をするのは大変効果的な手段ではあります。
ですが、私たち一般人にとっては金銭的に少々厳しいものがあるようです。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注射の副作用

 

ヒアルロン酸自体は体内にある物質であり、アレルギーなどの反応を起こす可能性はゼロに近いと言われています。
その為、ほうれい線のヒアルロン注射の副作用について調べると副作用はなく安全である。

 

そう書かれているところも少なくないのですが、ヒアルロン酸製品の中には局部麻酔なども入っている場合や、ヒアルロン酸以外のものに反応を起こす場合、注射によって痛みや内出血が出ることもあります。

 

つまり、ヒアルロン酸注射をする上で、副作用がないとは言い切れないようです。
なお、考えられる副作用は以下のものになっています。

 

  • 内出血
  • 麻酔薬によるアレルギー
  • 赤くなる
  • むくむ
  • 硬くなる
  • 皮膚の異常

 

などです。
麻酔薬によるアレルギーはごく稀なものであり、その他の副作用はちょっとしたものばかりで大げさなものはほとんどありません。
なので副作用がないとは言い切れなくても、副作用をなにか心配をする必要は特になさそうだといえます。

 

ヒアルロン酸以外のほうれい線を改善する方法

 

ヒアルロン酸注射ほど、手軽にほうれい線をあっという間に改善してくれる方法は他にありません。
ですが、ヒアルロン酸注射以外にも、ほうれい線改善のためにできる方法はいくつかあります。

 

  • レーザー系の処置
  • 糸を使ったリフトアップ
  • フェイスリフト手術

 

などです。
このほかにも、身近な方法として

 

  • ほうれい線クリーム
  • ほうれい線マッサージ
  • ほうれい線体操

 

などの手軽な方法もあります。

 

ヒアルロン酸注射に比べて効果の実感力は弱いかもしれませんが、金銭的リスクや失敗の恐れ等は無い為、このような手段でコツコツほうれい線を改善していくというのが無難かもしれません。

 

まとめ

それではこのページでまとめた内容を一緒に振り返っていきたいと思います。

 

  • ほうれい線のヒアルロン注射には多くのデメリットがある
  • ほうれい線のヒアルロン注射には多数の失敗例がある
  • ほうれい線のヒアルロン注射の値段の相場は注射1本あたり5万円程度
  • 年齢によって必要なヒアルロン酸注射の本数が変わってくる
  • ヒアルロン酸注射の効果の継続時間は3ヶ月から半年程度(維持するためには繰り返し注射を打ち続ける必要がある)
  • ほうれい線のヒアルロン注射には副作用がある
  • ヒアルロン酸以外にほうれい線を改善する方法はいくつかある

 

このページでは、主にほうれい線のヒアルロン酸注射のネガティブな面を見ていきました。
もちろんネガティブな面ばかりではありませんが、施術を受けるのであれば、このような裏側もきちんと把握した上で判断する必要があります。

 

ほうれい線解消をヒアルロン酸注射で行おうと考えていた方は、これをきっかけにいちど考え直してみるのも良いかもしれません。