ほうれい線対策でちゃんとケアできるものなの?

ちゃんとしたほうれい線対策を行うことで十分にケアは可能です、しかし見た目の年齢をぐっと上げてしまうのがほうれい線です。一言でほうれい線と言っても、実は二つの種類があると言われており、それぞれのタイプによって異なる対策やケアが必要となるでしょう。
一つのタイプは、浅いほうれい線です。これは表皮性のしわとも呼ばれているもので、肌の表面が乾燥したりむくみが原因でできると言われています。そのため、基本的には、肌に潤いを与えるための保湿とむくみ取りを中心としたケアが必要になるでしょう。

 

 

ほうれい線はいつごろからできるもの?

ほうれい線ができる時期は具体的に言えば、ヒアルロン酸やセラミド、さらにはコラーゲンといった保湿成分がたっぷり配合されているスキンケア商品を使用することができます。また口元のむくみを改善するために、舌回しエクササイズなどもたいへん効果的であると報告されています。エクササイズの方法は非常に簡単です。口を閉じたまま、舌を左回りに二十回ほどゆっくり回し、その後同じように右回りで二十回ほど回します。これを一セットとして数セット行ないます。

 

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因はいくつかありますがもう一つのタイプは、深いほうれい線です。この深いほうれい線は真皮性のしわとも言われています。主な原因としては、加齢に伴ってコラーゲンが減少することにあります。コラーゲンが減少すると、肌の弾力やハリがなくなりたるんでしまいます。加えて筋肉も衰えるため、重力に勝てずたるみが生じるというわけです。このような深いほうれい線を改善する効果的な対策として行なえることは、減少していくコラーゲンの生成を促すこと、そして衰えていく筋力をアップさせることです。

 

ほうれい線ができにくい方の特徴

では、まずほうれい線ができにくい方の特徴ですがそのまえに具体的な対策として何ができるでしょうか。ビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を助ける成分が配合されたスキンケア商品を使うことができます。いろいろな商品が市販されていますから、成分をよく見てコラーゲンの生成を促したり保湿を助けたりする有効成分が豊富に配合されているものを選ぶようにしましょう。また、口の周りの筋力をアップさせるためには、エクササイズが効果的でしょう。

 

ほうれい線ケアはこの対策でしていきましょう!

ほうれい線ケアの対策で1番良いのは一つの方法として、まず500ミリリットルサイズのペットボトルに少量の水を入れたものを準備します。ふたをした後これを口にくわえます。そのまま口でペットボトルを上へ持ち上げ、十秒ほどキープします。これを数回繰り返すことができます。このようなエクササイズの他にも、深いほうれい線の悪化を予防するために行なえるケアとしては、紫外線対策や乾燥対策、さらには体を冷やさないといったケアも大切でしょう。