スキンケアでほうれい線を消すのに必要な化粧品に求めるもの

そもそもほうれい線とは、頬の横にできる線のことですが、
皮膚がたるんでできてきて、さらにコラーゲンの減少や紫外線、間違ったスキンケア、PM2.5などの
外的要因などにより、くっきりと形成されていきます。

 

また筋肉が衰退することによっても肌はたるんでくるので
顔の筋肉を鍛えることも必要になるんですね。

 

これらの原因によるほうれい線を解消するためには、筋肉を鍛えるエクササイズや正しいスキンケアが必須になってくるんです。

 

エクササイズは下を強く頬などに押し当てながら回すことで、より筋肉が鍛えられる効果が高まります。
左右それぞれに20回程度回すエクササイズを、
普段のスキンケアの後などに意識して一日に何回か行うようにするのがおすすめです。
そして肌の乾燥を防ぐためのケアをしっかりと行うことも大切なほうれい線の予防法です。

 

ほうれい線の予防エクササイズってなんのこと?

ほうれい線の予防エクササイズは簡単に言うと、
小鼻の横から口の脇の部分にかけて両方に伸びるハの字状のしわ、
それがいわゆるほうれい線と呼ばれるものです。

 

このしわがあることで、顔がずいぶんと老けて疲れた印象を受けることになるため、
女性にとっては特に恐れられている存在でもあります。
ほうれい線がくっきりと出てしまうのは、元々の顔の骨格も大きく関係しており、
比較的若い年代からほうれい線に悩んでいるという人もいるのですが、
ほうれい線が出来てしまう最大の原因は
顔の筋肉の衰えによって目の下から頬の肉が下垂してしまうことにあります。

 

ほうれい線予防のスキンケアってどうしたらいいの?

ほうれい線予防のスキンケアは毎日お来ないことが大事ですが、
顔には表情を作るために多くの種類の筋肉が存在して、
顔の様々なパーツを動かすことでいろいろな表情を作ることが出来ます。

 

ところが顔の筋肉も身体の筋肉と同じように日々の生活の中で
動かしていないと衰えてしまうことに繋がります。
でも、それでなくても欧米人と比較すると表情が乏しいといわれる日本人の場合、
普段の生活の中で使う顔の筋肉は、全体の30%程度しか働いていないともいわれています。

 

ほうれい線予防のエクササイズとスキンケアはいつが効果的?

ほうれい線予防のエクササイズとスキンケアはいつやるかで効果が変わってきます。
そのため普段の生活の中であまり使われない筋肉は次第に衰えてゆき、
その結果が顔のたるみとなって現れるものです。
年齢を重ねてゆくと若い頃とは違うフェイスラインの緩みを実感する人が多いのですが、
これも筋肉衰えによって起こるたるみのために
フェイスラインにしまりがなくなってしまう結果です。

 

ほうれい線ができる部分は鼻のワキから口の横の部分にかけてですが、
ほうれい線を解消するためには、
出来てしまったしわの部分だけに何かを塗ったりするケアだけで解消するのは難しいと言えます。
それよりも普段あまり使わないために衰えがちな顔の筋肉を
しっかりとエクササイズすることで衰えを予防することが効果的です。

 

ほうれい線がすでにできている人は意味ないの?

ほうれい線がすでにできている人は意味無いわけではありません。
ほうれい線は身体のエクササイズと違い、顔の筋肉のエクササイズには、
普段はあまりしないような表情をかなりオーバーなくらいに作る方法が有効です。
ほうれい線の解消効果が高いフェイスエクササイズのひとつに舌を回す運動があります。
口を閉じて下を上唇と前歯の間からほうれい線に沿って下へと動かし、
下唇と前歯の間を通って逆側のほう冷戦を下から上へとなぞるようにして回します。