年齢とともにほうれい線が出てくるワケ

年齢やストレスが顔に出てくると現れてくるほうれい線。
お肌がたるんできたり、表情筋の衰え、顔の血流の悪さなどが原因となっていると思っていませんか?
ほぼ正しいのですが、そのためのケアであるマッサージなどを行っている場合、
まったく逆の効果を得る場合がるんです!

 

なんとほうれい線がマッサージの影響で悪化している原因もあることをこのページでは解説していこうと思います。

 

 

年齢とともに、くっきりと線が入り、目立ちがちになるほうれい線は
マッサージでほぐしながらケアしていくことが大切です。
ほうれい線を消すために、有効なマッサージを行う場所は口輪筋です。

 

口輪筋というのは、口の回りの筋肉で肌のたるみやしわ、ほうれい線に深くかかわってきている筋肉といわれています。

 

 

ほうれい線が目立ってしまうのは、この口輪筋の周辺の筋肉が
固くなってしまっていることが、主な原因として挙げられます。
これは年齢を重ねると、徐々に筋肉が固くなり、マッサージ等の必要なケアをしないと、
どんどん筋肉が固くなっていってしまうからです。筋肉が固くなると、筋肉の柔軟性がなくなります。

 

 

私たちの顔はどんどん筋肉が固まってしまうので目にほうれい線ラ変の筋肉をマッサージしていて家することが大事になってきます

 

口の周辺でほうれい線が出やすい理由

口元の周辺でほうれい線ができてしまう理由は、先程の段落のところに少し似ているのですが、やはり表情筋が大きく関係しています。先ほどはマッサージで退社すると言う話をしました。そこには

 

したがって、この現象がほうれい線の出やすい口の周辺で起きてしまうと、ほうれい線の周りの筋肉が固くなってしまい、ほうれい線の形がくっきりと出来上がってしまうことになります。年齢が若ければ、顔の周りの筋肉が柔軟であるため、例えば、笑ったり、怒ったりというような、顔の表情の変化が起きたとしても、現れたほうれい線はすぐに消えます。しかし、年齢を重ねて、ほうれい線を消すためのケアをしていない場合、一度現れたほうれい線はなかなか消えません。口輪筋やその周辺の筋肉が固くなり、柔らかく動けないため、しわが残ったままになるためです。
大きく笑ったり表情を加えることによってそれすらもほうれい線をケアするマッサージにもつながります

 

ほうれい線対策のマッサージ

ほうれい線が間違ったマッサージでよりしわが深く見えてしまうのを防ぐためにはどういった対策が必要なのでしょうか。

 

そもそもエステなどの小顔やほうれい線などの解消メニューというのは、プロのエステシャンによって
適切な個所を、適度な力加減と方向を考えて行われているものです。
そのため、自分でほうれい線対策のマッサージを行うことを考えた時に
こういったポイントを押さえて施術しないといけないんです。

 

ほうれい線ケアで重要なのは口輪筋のマッサージ

ほうれい線をケアする上でとても重要なのは口のまわりのマッサージです。

 

では実際にどのようなケアをしたらいいのでしょうか。

 

これに必要なマッサージは、口輪筋のマッサージです。このマッサージには2段階のケアが必要になります。

 

一つ目が、口輪筋を動かすにあたっての準備運動となる刺激を与えることです。

もう一つのステップが口輪筋に直接刺激を与えることです。

 

まず、一つ目の口輪筋を動かすための前準備ですが、これは、舌を動かす運動になります。舌を口の中で、歯茎をなぞるように右回り、左回りの両方、回していきます。これで、口回りの筋肉が軽くほぐされていくことになります。

 

このような方法で音がほうれい線のケアマッサージになっていきます

 

ほうれい線ケアのマッサージの際に口輪筋を刺激するコツ

 

ほうれい線ケアのマッサージをするためのコツは、技術的な面もありますが、まずは暖かいぬるま湯で、顔の筋肉をほぐすことから始めるのも良いと言われています。

 

直接、口輪筋を刺激するところから入っても大丈夫ではありますが、このように口輪筋周辺の筋肉の刺激から入ることで、より口輪筋をほぐす効果が高まります。だいたい右回し、左回し10回ほどします。この舌を回す運動で、顔の下半分の筋肉が効率よく使われます。そのうえで、次に口輪筋を刺激します。口輪筋を上から押していきます。

 

ほうれい線ケアのマッサージのポイントは?

このときのポイントが、皮膚を押すのではなく、口輪筋を意識して、固まった筋肉をほぐすイメージですることです。これを繰り返していると、次第に固まった筋肉がほぐれていきます。そして、くっきりとしていたほうれい線が、だんだん目立たなくなっていきます。

 

ほうれい線ケアのマッサージのポイントは、自分の顔の筋肉のどの辺が凝っているのかまたはどの辺が垂水始めているのかなどを見極めることがポイントだと言われています。