方向性を決めてほうれい線をチェック

 

あなたにとってほうれい線の定義はどんなものでしょうか?

 

電車に乗ってつり革につかまってふと顔を上げると電車の窓にうつった自分の顔のあまりの疲れた様子に愕然としたという経験は多くの人が持っていることでしょう。若い頃にはぴんとしてハリのあった肌の状態も、年齢を重ねてゆけば少しずつ衰えが生まれてたるんでしまうものです。そしてそんな肌のたるみによって引き起こされる最も目立つしわ、それがほうれい線です。
小鼻の横の部分から口の両脇にかけて斜めに伸びるこの皺の存在は、その人の見た目年齢にとても大きな影響を与えます。
そんなほうれい線は確かに見た目年齢を大きく引き上げると言われていますが、実際に数字としては最低5歳以上は老けて見られると言われています。

 

なぜほうれい線はできてしまうのか

 

なぜ私たちの顔にほうれい線ができあがってしまうのかと言う所ですが、ここではほうれい線ができてしまう原因について少し触れていきます

 

見た目が若々しく見える人と、同じ年齢なのになんだか疲れてとてもやつれた印象に見えてしまう人の違いに、このほうれい線は深く関わっています。ほうれい線が目立つ人の見た目はどんなに目鼻立ちの美しい人であってもどこか老けた感じがしてしまうものです。
そもそもほうれい線はなぜ出来るか、単純にいうと顔の筋肉が衰えて顔の脂肪などの組織を支えきれなくなり重力によって下垂することがその最大の原因です。そして乾燥や紫外線、そして加齢の影響によって肌の機能が衰えてたるむこともくっきりとほうれい線を作ることに繋がります。
筋肉の衰えや乾燥や紫外線などさまざまな方面で私たちのほうれい線ができてしまう原因があります。しかしながらそういった原因を予防する方法やケアをする方法などはたくさんあるので来てください。

 

ほうれい線チェックはフェイスラインから

 

ほうれい線を予防やケアをする前にまずは自分のほうれい線をチェックしていきましょう。
なんだか最近フェイスラインが緩んできた気がするなと感じたら、まずは鏡に向かって自分でチェックしてみるのがおすすめです。頬を左右それぞれの手で軽く引き上げると口角も自然に上がるようならやはり肌のたるみが進んでいる証拠です。そして毛ひとつのチェック方法が手鏡を見ながら下を向いて、そのままの状態で鏡をキープしながら今度は上を向いてみると、顔が全く違って見えるというのも顔にたるみが生じている証拠です。こうしたたるみはほうれい線の部分にたまってしまうことで、くっきりとした皺を刻むことになります。

 

フェイスラインをチェックにしてから自分の顔のたるみを見ていきます。顔のたるみはほうれい線の元になるのでここをチェックしておくことが非常に大事なことです。

 

簡単にできるほうれい線チェックと日常のケア方法

 

日常的に簡単にできるほうれい線チェックとケアの方法を紹介します。先程の段落と少しにいるのですが、ほうれい線のチェックはフェイスラインのたるみを確認することがポイントです。

 

顔の筋肉は普段の生活の中ではその3割程度しか動かさないともいわれ、身体の他の部位と同じように筋肉は使わなければどんどん衰えてゆきます。口の中で舌を回したり、顔の表情を大きく変化させるエクササイズを行うことで、顔の筋肉の衰えを予防できます。鏡の前で自分の表情をチェックしながら行うとより効果的です。
簡単にできる方法と言ったらエクササイズやマッサージをすることで顔の筋肉を衰えないようにしていきます。

 

ほうれい線をチェックしたら徹底ケア

 

ほうれい線のチェックが住んで日常ケアにも、あせらず丁寧に保湿を心がけましょう。まずは保湿をしないと外部からの紫外線などの刺激を直に感じてほうれい線ができやすい環境になってしまいます。まず自分がそこでしているのかをきちんとチェックすることも大事なことです

 

普段から自分でできるほうれい線の予防ケアとしては、肌を紫外線や乾燥から守るための保湿を心掛けたケアをすることが大切です。スキンケアの中で丁寧に保湿を心掛けることで、外的な刺激から肌を守ってしわが出来やすくなるのを予防することに繋がります。
そしてもうひとつの方法が顔の筋肉を鍛えるエクササイズを日常的に行うことで、筋肉の衰えによってほうれい線を深く刻んでしまうのを予防することが出来ます。