ほうれい線に効果のあるアイテムランキング大特集

ほうれい線を何とかしたい!
と思っている方はとても多く、それが加齢が原因のものや顔の筋肉の衰えが原因のものなど
様々なので、効果的なアプローチ方法もいろいろあるものです。

 

最終的にはほうれい線を整形で何とかしたいと思っている方もおられるかもしれません。
でも、ほうれい線の整形って高いって聞くし、効果も長持ちしないって言いますよね。。

 

なので高額な治療費をかける前にやっておきたいほうれい線ケアを考えていきませんか?
ほうれい線を何とかしたい!という方のために、このページでは、

 

ほうれい線の整形について
ほうれい線を消すためのクリームランキング
整形以外でのほうれい線解消方法
ほうれい線ができてしまう仕組み
ほうれい線を1週間で消す可能性のある美顔器ランキング

 

などをまとめています。

 

・・・その前に最初に見ていただきたいのがほうれい線対策ができるちょっとしたアイテムのランキングです。

 

『ほうれい線改善には高いお金をかけなければならない・・・』

 

↑このように思っているならこれはまさに知らなきゃ損!

 

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)の特徴

顧客満足度93.1%と言う圧倒的な数字を誇る、ピュア&シルク、あるだけで実年齢のおよそ5歳以上も老けて見られてしまうと言われているほうれい線へのアプローチに特化した薬用美肌クリームです♪

クリームに使われている成分は、赤ちゃんに使ったとしても大丈夫な位安全です!


・口元が気になってきた

・たるみや毛穴が一気に目立ってきた

・より一層更けてきたように感じる

・とにかくほうれい線を改善したい!

↑このような悩みや願望をお持ちの方は、ピュア&シルクがぴったりです♪


ピュア&シルクは毎日コツコツ塗っていくと、次第にほうれい線がなくなっていくと言うものです。

ほうれい線を根本的に解決したいと言う方から圧倒的な支持を得ています★

価格 4.666円+税(通常価格:8.380円)円
評価 評価5
備考 ・120日間の返金保証付、全国送料手数料0円、電話やメールで簡単解約可☆
Pure&Silk(ピュアアンドシルク)の総評

ほうれい線を隠しすのはそんなに難しくありません。ですが、それは化粧しているときだけです。整形で解決するのはお金があればあっという間です。でも失敗のリスクや、物によっては定期的に通わなければいけません。本当に必要なのは、内側から根本的に解決することです。リスクもなければ、コストも圧倒的に低いので、断然良いです。それが叶うのがpure&silkです☆

 
 

ロスミンローヤルの特徴

シミだけではなく、国内で唯一ほうれい線を始めとした顔の小ジワに効くたった1つの医薬品です^^

製薬成分を含む22種類の有効成分が、あなたのお顔のシミだけではなく、ほうれい線や、冷え性、肩こり、腰痛など、いろんな角度からあなたの悩みアプローチしてくれます♪


ほうれい線を改善したいと言う方、シミ、冷え性、肩こり、腰痛などでもお悩みの方、今なら通常価格7,500円のところが、5,700円もお得になって1,900円で購入することができます。


※このキャンペーンは1月末までなのでお早めに!

価格 1,900円
評価 評価4
備考 通常価格7600円(-5700円もお得!※このキャンペーンは1月末までなのでお早めに!)
ロスミンローヤルの総評

ほうれい線を始めとした、顔のトラブルにアプローチをしてくれるアイテムはたくさん見てきましたが、ロスミンローヤルのように、冷え性、肩こり、腰痛などといった女性特有の不調も改善してくれるようなアイテムは見たことがありません!そんな素敵なアイテムが、初回限定で1,900円でお買い求めできるので、この機会をのがしたらもったいないと思いますよ^^

 
 

アヤナストライアルセットの特徴

あの[アットコスメ口コミランキング(トライアルキット部門)]で第1位になった、ディセンシアのアヤナストライアルセット

特許認定の肌ガード&情報室技術を採用していて、あなたが悩んでいるほうれい線や、目元のシワを改善してくれますよ♪

10日間のトライアルセットで、あなたの肌を変えてみませんか?

30日間の返品保証付だから安心ですよ♪

価格 1,480円
評価 評価3.5
備考 限定価格1.480円 送料0円 手数料0円 ※30日間返金保証付☆
アヤナストライアルセットの総評

通常購入でなくトライアルセットだからこそ、ここまでの低価格が実現♪自分に合うか合わないか分からないスキンケアアイテムを、いきなり高いお金を出して買うのってなかなか勇気が要りますよね?ですがアヤナスのトライアルセットは、値段が1,480円と安いだけではなく、30日間の返金保証も付いているので新しいものになかなか手が出ない方でも安心してお買い求めいただけます♪

 

ほうれい線ケアクリームは市販のものではだめ?

ほうれい線の原因としては

  • 肌の乾燥
  • 顔の筋肉の衰え
  • 加齢によるほほの筋肉のたるみ
  • 顔の血行不良による代謝の悪化

といったものが考えられています。

 

こういった原因のほうれい線のケアはドラッグストアや薬局などに販売されている
市販のクリームなどでは効果がないのかという声をよく耳にします。

 

一般的なスキンケア化粧品では肌の保湿はできてもほうれい線のケアまでは
なかなか効果的なものは少ないのが現実。

 

ましてや薬局やドラッグストアなどの店舗では安売りをされていることが多く
効果があるようなコストをかけて製造されているものはなかなかおかれない傾向があるそうです。

 

ほうれい線整形の種類と相場

ではまず最初に、ほうれい線の整形はどのようなものがあって、
だいたいいくらくらいするのかを簡単にまとめてみたので見てみましょう☆
あくまで相場の金額なので、あなたのお近くの店舗ではどうなのかというのも
合わせてみていっても面白いと思います。

 

・ポラリス(引き締めレーザー)

 

この整形の治療時間 約5〜30分

 

⇒切らないでお肌を再生させる整形

 

この整形の料金 初回920円(頬のみ)*2回目以降は顔全体で1回15.800円(オプション追加で4.620円)

 

・ハイパーポラリス(ワンランク上のポラリス)

 

この整形の料金 頬のみで初回 9.250円(2回目以降顔全体1回あたり16.600円)

 

・NEWマトリックスIR治療

 

この整形の治療時間 約5〜30分

 

⇒即効性のあるレーザーで治療する整形

 

この整形の料金 初回(頬下全体)4.440円 *2回目20.730円、3回目31.600円

 

・ハイパーマトリックスIR治療

 

⇒ワンランク上のNEWマトリックスIR治療による整形

 

この整形の料金 1回目 会員66.510円 非会員83.140円 *2回目以降101.320円

 

 

・美肌エイジングケア治療(美肌レーザー治療)

 

この整形の治療時間 約20分

 

⇒切らないでお肌を再生させる整形

 

この整形の料金 会員4万円 (非会員5万円)

 

・レスチレン(ヒアルロン酸注入)

 

この整形の治療時間 5〜10分

 

⇒顔全体にできる整形

 

この整形の料金 19.000円

 

・パーレン(高純度ヒアルロン酸)

 

⇒レスチレンよりワンランク上のヒアルロン酸による整形

 

この整形の料金 29.000円

 

 

・ジュビダームビスタ

 

⇒持続型ヒアルロン酸による整形

 

この整形の料金 28.000円

 

 

他にも様々な整形の種類があるのですが、どれも似たような整形方法で、
正直、「その整形そんなに差があるようには思えないなー。」という整形でも
純度でしたり、そういうちょっとした事の違いで、何千、何万と差が生まれているように感じました。

 

このようにお金をかけて整形やってもらうのは、高いお金さえ出せればとても楽な話なのですが、

 

 

ここで忘れてはいけないのが、”1度整形しても、いつかはまたシワ・たるみが発生し、再びほうれい線が生まれてしまうということ”

 

 

何度も何度も定期的に整形通える余力があるなら、美容外科で整形するのもアリだと思います。

 

 

でも、がんばっても1回分の整形をしてもらうのがやっとだと思います。
ほとんどの方がそうなのではないかと思いますので、↑上の治療システムを見て、「正直高いな。。」って思った方は素直に整形をやらないほうが良いかと思います。

 

 

・・・じゃあどうしたらいいの?

 

 

とおもったかた、安心してください!このページの後半にて、あなたにオススメの解決方法をご紹介しています♪

 

ほうれい線の整形のメリット・デメリット

先ほど、ほうれい線の整形には様々な方法があるというお話をしました。

 

美容外科のサイトを見ても、どこもポジティブなことばかりうたわれています。

 

まあ当たり前ですよね^^;

 

でもそれは果たしてそれは本当だと思いますか??

 

整形にはきっとネガティブな点やデメリットが潜んでいるはずです!
そこで私は調べました(笑)

 

すると、美容外科のホームページには載っていないようなデメリットがやはりありましたので、それをわかりやすくまとめてみました♪

 

ほうれい線の注入整形について

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

Q:ほうれい線を改善するための整形っていろいろあるけど、その中でも、ヒアルロン酸注射の整形って結構人気ですよね?

 

ホームページを見ると、手軽で副作用も少ない印象だったんですが、この整形にはデメリットはないんですか??


 

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

ドクター:まず、ヒアルロン酸注射の整形を考えている方に伝えなきゃいけないことがあります。

 

それは、ほうれい線の周辺には動脈塞栓(わかりやすく言うと、動脈が急性に詰まってしまう現象)の危険部位があり、決して安全ではないということです。

 

実際に過去の事例で、ヒアルロン酸を注射をして血管が詰まり、その影響で鼻の皮膚が溶けてしまって、皮膚潰瘍がなかなか治らず、目立つ傷跡になってしまった。

 

という患者さんの相談を受けたことがあるんです。

 

整形大国の韓国では、ヒアルロン酸の逆行性動脈塞栓による脳梗塞や失明などの症例が数多く報告されているそうで、仮にそこまでひどくはなくとも、他院でヒアルロン酸注射をした患者さんの症例を見ていると、良く動く部位に注入系の整形を行ったとしても、表情筋の動きによって、皮膚内のヒアルロン酸が不自然な部位に移動してしまい、逆にほうれい線が目立つようになってしまったりとか、口の横がどんどん膨らんでいき、整形するいぜんよりも酷くなってしまった患者さんもいなくはありません。。

 

多量のヒアルロン酸だったり、持続性の高い注入剤を入れることで、注入した部位が強くふくらんで、一目で「整形をしたんだな〜」ってことがわかる容貌となってしまうことがあります。

 

さらに、注入直後の仕上がりが仮によくても、後々トコロテンのように押されたり、重力による重みによってボリュームが下垂して、注入した部位の下の部分に今度は影響が出てしまいます。

 

するとどうなるか、、

 

今度はマリオネットラインが目だってきたり、顔の輪郭が四角くなってしまう、なんていうことも多いようなんです。


 

再生医療でのほうれい線整形

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

Q:ヒアルロン酸注入によってほうれい線の整形をするのにも欠点や大きなリスクが先ほどの解答であることが分かりました。それでは、最近人気の”再生医療”ってどうなの?


 

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

ドクター:皮膚に成長因子などを注射して、その部位を盛り上がらせる。というようなものが再生医療ですが、その最大の欠点というのは、注入時に仕上がりや結果が読めないということなんです。

 

この場合は脂肪注入でも同じで、ある方は、有名な先生のとこで脂肪注入してもらい、注入直後は誰もがほれぼれするような仕上がりだったそうです、、それなのにたった数か月で注入したものが吸収されて元に戻ってしまったり、成長因子製剤を注射した部分が、不必要に大きく膨らんでしまいシコリになっていまうなど、この手の整形もトラブルはかなり多い印象です。

 

これだけにとどまらず、照射系治療や金の糸、その他の「皮膚を若返らせる」と言われるような整形によるリフトアップ治療も、最終的な仕上がりや結果は不明なのです。

 

このタイプの治療も、施術による腫れによって一時的に改善して見えるのですが、その腫れが引いてしまうと元に戻ってしまい、効果が一時的な場合が多くみられます。

 

一時的なことに高いお金をかけるのは中々気が進まないですよね^^;


 

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

Q:そうなると、ほうれい線を改善するためには、やはり「切る整形」の方が良いのかな?


 

 

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

 

ドクター:私から言わせてもらうと、残念ながら、ほうれい線については、切るフェイスリフト整形ももほとんど効果がありません、。

 

それ以上に傷跡などのデメリットが上回ってしまいますので私はオススメしません・・・。

 

切るリフトアップ整形によって顔の側面を切って横から皮膚を引き上げたとしても、ほうれい線のある顔の中央までは、リフトアップによる引き上げの張力は効果が出にくいんです。


 

 

そもそもほうれい線ってなんでできるの?

ほうれい線の予防やケアをクリームや美顔器でランキング!

そもそも、「ほうれい線ができる原因って何??」

 

ってところですよね!

 

敵を倒すには、まずは敵を知る必要があります。

 

ここではほうれい線ができる原因について詳しくご紹介しますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい♪

 

 

実際ほうれい線ができると、断然老けて見られやすくなるし、ファンデーションもほうれい線のシワにはいり込んだりしてとても厄介ですよね。。

 

ほうれい線の悩みを抱える方がグンと増えるのが30代あたりから・・・。

 

 

この年代になるとお肌の曲がり角と同様に気になってきてしまうものですね。

 

 

しかしそれが最近では、さらに若い世代でもほうれい線ができつつある、という方がかなり増えているのが現実。

 

若い方でもほうれい線がコンプレックスで整形される方もいるようです。

 

そんなほうれい線の主な原因というのは、”お肌のたるみ”なんです。

 

 

お肌のたるみは加齢や紫外線の影響によって、肌の弾力だったりハリを保つ真皮層が変性してしまうことが主な原因です。

 

また、若い方などに多くみられるというたるみの初期症状として、”肌の乾燥”が原因でできる細かい八の字のシワもあげられます。

 

 

とても重要なことなのでほうれい線の原因についてもう少し詳しくお話します。

 

 

たるみによってできてしまうほうれい線

結果から言うと、頬がたるんでくることで、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

頬を支える筋肉と口元の筋肉のこの2つの両方がが硬くなってしまうことで、頬が下がったままになってしまいます。
そのためほうれい線ができあがってしまうのです。

 

そんなほうれい線の元であるたるみの主な原因は3つ

 

皮膚の弾力とハリの低下

ふっくらとした肌の土台を築くのに必要な真皮が衰えてしまうと、それがお肌のたるみの原因となります。

 

そんな真皮というのは、コラーゲンやエラスチンという小さな線維が網目状のネットワークをつくってお肌の弾力をキープしてくれています。

 

そんな真皮は、紫外線や加齢の影響によって、
これらが減少・変性するとお肌の弾力やハリが失われる
という仕組みです。

 

表情筋の衰え

顔の筋肉である表情筋というのは、皮膚に直接くっついています。

 

なので同じような表情ばかり作ってしまうと、皮膚の表面が形状記憶状態になってしまいます。

 

最近の日本のライフスタイル自体も核家族が主となっていますよね。

 

それが原因で会話が少なくなってしまったり、普段から柔らかいものを好むようになり、
硬いものを食べなくなってしまったことによっても筋力が衰えやすくなっている原因ともいえるのです。

 

 

皮下脂肪の増加・蓄積

顔には皮下脂肪というのがあります。

 

これが増えてしまうと、脂肪を支えることができなくなってしまうため、たるみが発生してしまいます。

 

元々丸顔で頬が柔らかい人はもともとの筋肉が少ないので、頬が下に落ちやすくなっているんです。

 

また、無理なダイエットなどを繰り返すことによってもだんだんと皮膚がたるんでいき、これもまたほうれい線の原因となることがありますので注意が必要です。

 

乾燥肌の方は要注意!小ジワによるほうれい線

お肌が水分を保持して角質層に蓄えておく働きのことを、一般的に肌の「バリア機能」といいます。

 

表皮の一番上にある角質層は、
皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質の3つの保湿物質によって常に水分をキープしています。

 

ですが、これらの保湿物質がもしも不足すると、角質層の水分が失われ乾燥してしまう元となってしまいます。

 

そして乾燥状態が続きそれが進行すると小ジワのもとになります。

 

あと、水分保持の役割を担う表皮というのも、
それから先ほど述べたたるみの原因となる真皮がありましたよね、
あれとお互いに連携プレーを行っていますので、
表皮の働きが悪いことで真皮にもダメージを与えてしまうのです。

 

つまりこういうことです。

 

乾燥によって表皮が十分に機能できないと、真皮に影響を及ぼしてしまいます。
そこから、浅く細かい小ジワから、徐々に頑固なほうれい線に進化してしまいます。

 

 

こうした現象は加齢によるものだけではありません!

 

だからこそ、若い世代の方にも起こりえることなんです。

 

 

他にはこんな方法も!1週間でほうれい線に効果がでる美顔器☆

当サイトでは、整形を含めてこれまで様々なほうれい線を消す方法をご紹介してきました。

 

もったいぶっていたわけではありませんが、整形以外の方法で実は1週間でほうれい線に改善効果が表れる方法があります。

 

それが美顔器によるほうれい線解消方法です!(美顔器の効果は、使い方や肌の状況など人それぞれなので人によって効果を実感するタイミングは変わってきますが、約1週間で効果実感し、口元のハリを取り戻したという方は多数いらっしゃいます♪)

 

 

あるだけで5歳以上も老けて見られてしまうと言われるほうれい線、解消方法を知らなかった側としては、時間がかかったとしてもほうれい線を根本的に解決する方法が見つかればそれだけでも充分という方もいらっしゃるかと思いますが、、、、ほうれい線は、あるだけで5歳以上も老けて見られてしまいます。できることなら、ほうれい線改善に、長々と時間をかけたくないと言う方もいらっしゃるでしょう。

 

・・・だからといってほうれい線の整形には抵抗がある。

 

そんな方にお勧めしたいのが美顔器を使ってのほうれい線改善方法です!

 

そこでこれから↓

 

・美顔器を選ぶ際に重視したいポイント

 

・お勧めの美顔器ランキング

 

・美顔器でほうれい線があっという間に消えてしまうわけ

 

これらをわかりやすくまとめますので、ほうれい線改善の視野を広げると言う意味でも、興味のある方はついでにチェックしてみて下さい♪

 

美顔器選びの際に重視したい3つのポイント

即効性があるかを見極める

あなたの願いはほうれい線を一刻も早く消すことですよね?

 

だからこそ美顔器を選ぶ際は即効性があるものを選びたいところです。ほうれい線の対策は長い時間コツコツと時間をかければいいというものではなく、逆にほうれい線が深くなってしまわないうちにすぐに改善するのが効果的なのでそういった意味でも即効性がある美顔器を選びましょう!

 

イオン導入タイプであるかどうか

 

私たちの肌はどれだけ普段の生活に気を配っていても、産後歳あたりを過ぎるとコラーゲンが徐々に作られなくなってしまいます。なのでイオン導入タイプの美顔器を選んで、コラーゲンを作り出す機能を促すことが大事になってきます!

 

値段よりも効果の高い美顔器を選ぶこと

多くの方は安い美顔器を求めるかと思います。ですが美顔器に関しては安物だとやるだけ無駄になってしまう美顔器がほとんどと言われています。あまり知られていない話ですが、大事なお肌にとって逆効果をもたらしてしまう適当な美顔器ですら存在するそうです。安い美顔器にはそういったリスクが隠れています。

 

ですので安いものを追求するよりもいかに効果が高いものを選ぶかと言うことを重視していかないと買ってから後悔してしまいます。。

 

美顔器を使うとほうれい線が消える理由

このサイトのテーマであるほうれい線は、シンプルに言ってしまえば、コラーゲンが破壊されてしまうことで引き起こるものです。
ちなみにコラーゲンが破壊されてしまう原因は、生活習慣や加齢、感想、紫外線などと似てる様々です。意識の高い方がどれだけ気をつけていたとしても加齢によるコラーゲンの減少は防ぐことができません。

 

ちなみに40代になると、20代の頃に比べてコラーゲンが作られる量が約半分ほどに減っていきます。そんなコラーゲンは食事から摂取することは可能ですが、それは効率が良いものとは言えません。そんな中効率的にコラーゲンを作り出すことができるのが美顔器を使ったケアなのです♪

 

 

ちなみにほうれい線を改善するための即効性のある方法は、肌の内側からではなく外側から改善するのが1番効率が良いとされています。

 

それに適しているのが美顔器を使って外側から直接的にお肌にアプローチをしてあげることなのです!

 

これらの理由から美顔器を使うことで、素早いほうれい線解決が実現できるのです☆

 

 

まとめ

こういった美容機器を買うことには抵抗がある方が多いかと思います。

 

しかしここまで読んでいただいた中で美顔器を使うことでほうれい線が効率よく改善されるという仕組みが理解していただけたかと思います。

 

他の分野でも言えることですが、現状を打開するには今までとは違うことを試して継続した方だけが現状変えることができます。

 

あなたも新しい方法でこっそりほうれい線を消して、周りの知人と一気に差をつけてあっと言わせてみませんか?